トップページへ戻る
歯が欠けている

spacer
症状・カウンセリング
spacer
抜けてしまった歯を治療する場合、ブリッジや入れ歯にする必要がありますが、口もとの表情が微妙に変わったり、食感や味覚が味気なくなったりと思いがけないリスクがある場合もあります。また、加齢によって歯肉が衰えたら、作り直しなどのケアもしなければなりません。失われた歯根のかわりに、人工歯根を使うインプラント法なら、そうした問題を一切クリア。口もとの表情を変えることなく治療でき、長く自分の歯として使えます。
spacer
line
spacer
治療内容
spacer
image spacer 骨の詳しい厚みや、高さ、形状を見て、数種類のインプラントの中から、最適な形状のインプラントを選択します。インプラントは抜歯をしたときと同程度の麻酔薬を治療部分のみに注射します。約1時間程度の治療で終了します。
歯型を取って、歯の頭をつめていきます。当院では、専用技工所があるため、歯科技工士が自分の目で確認しながら義歯を作製します。これによって、仕上がりはとても自然なものになります。
spacer
実際の治療例はこちらをご覧ください。

>>>インプラントについて詳しく知りたい方はコチラをクリック
line
spacer
nextページのトップへ next口もとやあごの輪郭が気になる(外科的治療)
space
  copyright  
     
プライバシーポリシー
審美歯科について イメージ
menu_left 東京・銀座の審美歯科について margin 審美歯科・美容歯科の診察メニュー margin 銀座オーラルクリニックのケーススタディ margin セレブスマイルセンター(東京・銀座)のオンライン相談室 margin 東京都銀座の審美歯科|銀座オーラルクリニック menu_right